「俺は命を賭けるぜ」 : それでもMY LIFE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「俺は命を賭けるぜ」


王様が闇のゲームを実行する際、必ずと言っていいほどこんな発言をします

「ただし俺が負けた場合・・・俺は命を賭けるぜ!」

この発言に関しては、読者にとって賛否両論なんですが
オイラはまさかの賛成派です←

「命賭けすぎwwねーよwww」など
自分の命を軽々しく見ているように誤解を招きますが


"命を賭ける"ことで、王様は(人々は)真の力を発揮していると気付きました


オイラにとって遊戯王は
"心の闇を切り裂く心の光"をテーマにした作品だと思っていましたが

どうやら何かが間違っていました

真実のテーマは
"命を賭ける覚悟"なのではないでしょうか?


あまり深く話してしまうと
「精神科行きなよ^^」と警告を喰らいそうなので
多くは語りませんが

命を賭けてみたら
"すごく気持ちが楽になりました"


別に、死に急いでいる訳ではありません

「人間の命の価値は、人間が後付けしたものに過ぎない」と分かったからです

例えばもし
俺が明日、不慮の事故や突発的な病気で死んだとしても

「そういう運命だったんだ」と、案外気楽に判断してしまうかもしれません


生に執着することも、死に執着する必要もない

死にたくなったら、勝手に死ねばいい(←それいいすぎ)


少なくとも「他人の生き血をすすってでも生きたい」なんて一切合財思いませんが

もし、俺が他人に"迷惑をかけて"生きていたとしたら


自分の命を絶つ自信があります


その時、どのような死に方をすればいいのか思い付きませんが・・・
「窒息死させて下さい」と、俺を恨んでいる人(仮)に伝えるとしましょう


もう少し波乱万丈な人生を歩まなければ・・・

ゆとり世代は、終わりだぜ

スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


Calendar
Profile

ハルハル

Author:ハルハル
ガンプラマイスターに
沈黙は許されない・・・

Category
Link
Twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ニコニコ動画ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。