あの日心痛むエピソード : それでもMY LIFE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの日心痛むエピソード

高校時代のエピソード

高2の夏、彼女ができました。
ほぼ毎晩、メールのやり取りをするのが習慣になっていました。


し・か・し

20時頃
いつものようにメールを送ったが返事が返って来ない。
(・・・お風呂かな?)

1時間後
まだ返信がない。
(寝ちゃったのか!理解理解♪)

ちょっと気になりつつ0時を迎える。
「ちょっと…悪いけど電話してみるか…」

(Trrrr…Trrrr…)

・・・
(電話にも出ない…だと…!?)

それから10分おきに何度も電話した。

(何かあったのか?お昼の時は元気だったのに…!?)

1時を迎え、俺はある結論に達した。
(ま、まさか・・・交通事故・・・!?)

・・・

気付けば朝を迎えていた。

朝食も食べず、電車の中で一人窓の向こう眺めながら無心状態…

景色が、世界が、すべてモノクロに映っていた。

そして7時40分頃、電話がかかってきた。
「ごめーん!携帯、美術室に忘れてきちゃったー!!」

確かに、彼女の声だった。
その瞬間、俺は再起動。
安堵と同時に、情けなさのような感情も覚えた。

「・・・・・・」
「・・・バカ・・・」

彼女曰く、着信件数は12件にも及んだらしい。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

nyo617 : 2010/10/26 (火) 21:25:41

甘酸っぱいエピソードやのう(´ω`)

ハルハル : 2010/10/26 (火) 22:34:49

本当に心配したんですからー!!
寿命縮みましたね、あれはw

管理人のみ通知 :

トラックバック:


Calendar
Profile

ハルハル

Author:ハルハル
ガンプラマイスターに
沈黙は許されない・・・

Category
Link
Twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ニコニコ動画ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。